突然の災害のために最低限備えておくべきアイテム

災害時の正しい対処が自分や家族の命を救う~津波が来た時の対処法~

置かれた状況によって求められる行動は異なる

地震や津波が起きた時は、室内にいるとは限りません。日中などは外出しているケースも考えられるでしょう。災害時の対処法は、置かれた状況によって異なります。ここで、正しい対処法を確認しておきましょう。

シチュエーション別でみる身を守る方法【屋外編】

繁華街のケース
繁華街にいる場合、上から窓ガラスや看板が降ってくる可能性が高いです。頭のケガは非常に危険なので、バッグなどで頭を保護しながら避難するようにしましょう。
商業ビルのケース
人が多い商業ビルにいる場合は、なるべく冷静になることが大切です。早く逃げたいという気持ちから、多くの人が出入り口に殺到してしまうと、将棋倒しになる可能性があります。スタッフの指示に従って、落ち着いて行動をするようにしましょう。
路上のケース
路上では、電柱やブロック塀が倒れてくる可能性があるので、そういったところにはなるべく近づかないように気をつけましょう。周囲に何も無い場合は、大丈夫なのですが、住宅街のような建物が多い地域は特に注意したほうが良いです。

車内編

車に乗っている時に揺れを感じたら、徐々にスピードを落として、道路の左側に停車します。そして揺れがおさまるまでは、カーラジオを聞いて状況を把握しましょう。避難しなければならない場合は、車で移動するのではなく、徒歩で避難した方がいいです。

電車編

地震が起き、強い揺れを感じると電車は止まります。座っている時に緊急停車した場合は、低い姿勢をとりながら、バッグなどを使って頭を保護しましょう。立っている時に緊急停車した場合は、転ばないように手すりやつり革にしっかり掴まると良いでしょう。また、落ち着いて乗務員の指示に従うことも大切です。

エレベーター編

揺れを感じたら、行き先階のボタンをすべて押すことが重要です。そして、最初に止まった階で降りるのが基本的な対応です。ただ、停止した階の状況が危険な場合もあるので、見極めた上で降りるようにしましょう。 もし、降りることができずに、エレベーターの中に閉じ込められてしまった場合は、非常用呼び出しボタンで通報して助けを待ちます。

もし津波がきたらどうする!~今一度確認しておきたいこと~

津波

日頃から津波に備えていないと、突然津波が起こった時にパニックになって、間違った対処をしがちです。一瞬の間違った判断が、命に関わる大きなことに繋がりかねません。ここでは津波がきた時の、正しい対処法をご紹介します。

津波警報・注意報の見方とは

津波注意報
津波注意報は、20センチ~1メートル以下の高さの津波が起きると予想された時に発表されます。大きな津波ではありませんが、海にいる場合は流される恐れがあります。そのため沿岸にいた場合は、すぐに上にあがって安全な場所に移動しましょう。
津波警報
津波警報は、1メートル~3メートル以下の津波が予想された時に発表されるものです。陸には海水が流れて、様々な場所で浸水被害が発生します。人間も簡単に流されるほどの被害となります。速やかに安全で、なるべく高い場所に移動するようにしましょう。
大津波警報
大津波警報は、3メートル~5メートル以下、5メートル~10メートル以下、10メートル以上の津波が来ると予想された際に発表されます。家屋が全壊、車が流される、などの大きな被害が出ます。大津波警報が出た時は、地震の被害も大きいことが予想されるため、安全が確保できる高い場所に速やかに移動するようにしましょう。移動の際は、落ち着いておくことが大切です。

高さが1mでも甘く見てはいけません

高さが1メートルの津波だからといって、軽視するのは非常に危険です。高さがそれほどない津波でも、まともに受けてしまうと、大人でも簡単に流されてしまいます。津波注意報でも、細心の注意を払って行動するべきです。

津波警報が出た際の対処法

地震が起きて、津波警報が出たと過程した場合の対処法を見てみましょう。

家族の安否確認

声を出し、家の中にいる家族を呼んで安否を確認します。場合によっては家族が、家具に挟まれて動けなくなっていることもあります。そういう場合は、自分だけではなく、近所の人にも助けを求めたほうが良いです。自分自身が挟まれて動けない、声が届かない、という状態の場合は壁を叩いて知らせます。

避難経路の確保

大きな地震が起きた時は、余震が起きることがほとんどです。余震で、家から逃げられないという事態を防ぐために、避難経路を確保します。また、被害を拡大させないためにも、ガスの元栓や電気のブレーカーは切っておくと安心です。

警報が発令される前に避難する

地震がきたら、すぐに逃げることが大事です。津波警報が発令されてからでは場合によっては逃げ遅れることもあります。警報が発令されるまで待つ、まずはテレビで情報を確認してから、という考えは取り除き、地震が起きたらすぐに逃げるという意識に切り替えましょう。

50m以上の高台へ避難

避難する時は、車を使わずになるべく早く50メートル以上の高台に避難しましょう。普段から事前に避難所を探しておいたり、避難ルートを確認していたりすると、災害時にもスムーズに避難できます。また、避難用具をあらかじめ用意している場合は、それを持って避難したほうが良いです。しかし、荷造りが必要な場合や、時間がかかる場合は避難を第一に考えて、手ぶらで行動したほうが安全でしょう。

津波が完全に引くのを待つ

津波は、何回も来ることがほとんどで、1回目よりも2回目のほうが大きいこともあります。ですから津波が完全に引くまでは、家に戻ったり海外に様子を見に行ったりするのは絶対に止めましょう。津波注意報や警報が解除されるまでは、安全な場所でおとなしく待つことが大切です。

避難時に気になるポイント

大型デパートで被災した際は屋上などに避難すれば良いのでは?
大型デパートの屋上は、高さがあるので津波から回避することは可能です。しかし火災リスクが高いため、避難場所としては向いていないのです。デパートは、窓が非常に少ないため、停電すると真っ暗になりスムーズに行動できません。かつ、火事になった時の危険性も高いのです。もし、火災が発生してしまったときには、店外へ避難するのが適切です。大型デパートのような大人数がいる場所で、地震や火事などが起きると大勢が騒ぎ出しパニックも大きくなります。それなのに、個々が自由に避難してしまうと、ますます混乱していくでしょう。ですから、災害時にはまず落ち着いてスタッフの指示に従い、避難をしたほうが安全です。

憶測で自分勝手な行動は慎むように

緊急時のガイドラインは、徹底したデータに基づいて作成されており、誘導するスタッフもそれらに基づいた指導を受けています。自己判断で勝手な行動をとると、自身に危険が及ぶだけではなく、周囲にも被害が及ぶ場合があります。災害の時こそ周囲をよく見て、自分勝手な行動をしないようにしましょう。

TOPボタン