突然の災害のために最低限備えておくべきアイテム

河川遡上が津波の被害を大きくさせる~津波対策になる火災保険とは~

川や海が近くにある環境で懸念される水害【津波】

大きな津波が来ると、幅広い地域まで被害が及びますが、特に被害を受けやすいのは川や海が近くにある環境です。河川遡上によって、水害リスクが大きくなることもあるので注意しておきましょう。ここでは被害を大きくする原因の、河川遡上について説明します。

津波が起こる仕組みとは

津波は、一般的に地震発生時に起こります。地震の発生で、広範囲の海底が盛り上がったり沈み込んだりすることで、海水が影響を受けて上下に大きく動きます。その上下の変動による揺れが波となり、海岸に到達する際には大波になるのです。 津波と言えば、地震という印象が強いですが、実は地震以外に火山噴火や沿岸の山崩れ、海底地滑りによって津波が発生することもあります。そのため津波の発生原因を区別するために、あえて地震津波と言うケースもあります。

東日本大震災では河川遡上による津波が大きな被害に繋がった

津波は、海沿いだけで起こるものではありません。河川遡上するため海、川問わず、水害リスクが高いのです。東日本大震災でも、津波が北上川や名取川などを遡り、堤防を乗り越えたことによって河川沿いの地域での被害が大きくなったのです。河川遡上は、地形によってもタイプが異なります。ここで地形別の遡上の傾向を見てみましょう。

地形別に見る遡上のタイプ

河川・運河など
勾配の緩い河川や運河、埋立地の水路で見られるのが、河川に沿って遡上するタイプです。このタイプの河川遡上は、内陸の奥深くまで進みやすいため、堤防を乗り越え、市街地や田畑まで浸水するケースが多いです。
砂辺・海岸平野
砂辺や海外平野では、アメーバーが地を這うように進んで氾濫するタイプとなります。傾斜地形よりも浸水の深さは大きくなりませんが、影響を与える面積が広くなります。低地が多いため排水がしづらく、浸水期間が長くなってしまう可能性が高いです。
傾斜地形
谷底平野や海岸部屋などの傾斜地系を遡上するタイプでは、入り江が奥まっていたり前面の海底が谷状になっていたりすることで、標高が高い場所まで遡上するケースが多いです。
段丘・護岸
段丘や護岸などが前面にあり、背後が平坦地となっているタイプでは、津波が急崖を超えると砂浜・海岸平野と同じような氾濫形態になります。

上記に該当する立地にお住まいの方

津波を始めとした水害リスクが高まるので、日頃から防災に関して考えておいたほうが良いでしょう。防災意識を持っていないと、いざという時に素早く対処できなくなってしまいます。

いつ何時起こるか分からない災害のために備えておく物

避難グッズ

災害というのは、いつ起こるか分かりません。そのためいつ災害が起きても対処できるように、準備しておく必要があります。ここでは、避難する際に用意しておきたいものを紹介しています。

避難時に必要となる物

地図
紙の地図があれば、知らない地で移動する際も、迷わずに移動できるようになります。スマホから地図を出して使えば良いと考える方もいますが、スマホの場合、GPSから位置情報が基地局経由で送られます。そのため災害で基地局がダメージを受けた場合は使用できなくなりますし、電池切れの心配もあります。しかし紙の地図なら、その心配はありません。
携帯ラジオ
インターネット経由のラジオではなく、AM波やFM波を使っているラジオがオススメです。ラジオがあると、今どのような状態になっているのかをニュースなどで知ることができます。災害時には、情報収集がとても必要なのです。
懐中電灯
電気が止まると、家はもちろんですが、街も真っ暗になります。明かりを確保するためにも、懐中電灯は必要となるでしょう。手動操作で電池を貯める方式なら、電池切れの心配をせずに使用することができます。
着火できる物
懐中電灯があれば、明かりを確保できますが、機器は故障する可能性が高いです。それを考慮した上で、着火できる物を持っておいたほうが良いでしょう。マッチやライター、ロウソクなどがあれば、すぐに火を点けられますし、煮炊きする時の種火としても使えます。
飲料水
災害時は、食べ物の確保よりも、水の確保のほうが重要になります。空腹はある程度我慢することが可能ですが、水不足は命の危険にも関わるので注意しましょう。1人あたり1日2Lの飲料水を確保するのが望ましいです。

これらは最低限必要となります

災害時、安全に避難するためにもこれらの品物は確実に用意しておくべきです。これらを用意している場合と、していない場合とでは、助かる確率は大きく変わります。次は、災害後の生活のために備えをしておきたい品物を見てみましょう。

自宅で備えておきたい物

簡易食料
カップ麺や缶詰、レトルト食品などの簡易食料は、最低でも3日分は確保しておきましょう。調理の手間がかからない物なら、停電や断水時にも食べることができるので便利です。
生活用水
飲料水以外にも、水は確保しておいたほうが良いです。災害時にトイレの水を流せない、お風呂に入れない、という辛さを感じたという人は非常に多いです。2Lのペットボトルよりも、500mlを4本のほうが扱いやすく、水がなくなった場合もペットボトルを他の用途に活用できます。
割りばし・紙皿など
断水時に備えて、洗う必要がない割りばしや紙皿などの使い捨ての食器を用意しましょう。アウトドア用品の中には、調理用の鍋を、そのまま食器として使える物もあります。
簡易トイレ
トイレを我慢すると、健康に影響を及ぼすので、簡易トイレは2日分~3日分は準備しておきたいものです。簡易トイレには、凝固剤タイプや高分子吸収材タイプなどがあるので、処理しやすい物を選んでおくと良いでしょう。

貴重品もすぐに持ち出せるようにしておきましょう

  • 免許証やパスポートといった写真付きの身分証明書
  • キャッシュカードや印鑑、残金がある口座の通帳
  • 土地や建物などの重要書類関係
  • 災害用の貯金箱

住宅への災害対策も重要です

地震が原因となる水害の場合、通常の火災保険では損害は免責となるため、補償は適用されません。ただ、津波に対して何も対策ができないということではないのです。火災保険の特約となる地震保険に加入すれば、津波に対する対策を行なうことができます。 地震保険は、損保会社と国が共同で運営していて、津波による被害も補償してもらえます。災害時に必要な物を準備しておくだけではなく、防災対策の一貫として、保険も見直すようにしましょう。下記のサイトでは、火災保険の見直しの際に便利な情報がまとめられています。もしものためにも、火災保険に入れておくと良い特約もチェックしておきましょう。

TOPボタン